【妊活で男性がやるべきこと】生活習慣、食事を見直して精子力アップ

【妊活で男性がやるべきこと】生活習慣、食事を見直して精子力アップ

日本で不妊に悩むカップルは6組に1組。

不妊の約半分は男性側に原因があるといわれています。

男性不妊の90%が「造精機能障害」で、「精子の数が少ない」「精子の運動率が低い」「精子のDNA損傷が多い」いずれか1つ該当もしくは3つとも該当するというもの、原因は不明とされることが多い。

最近の研究で、男性は35歳を過ぎてくると、「精子の力」=「妊娠させる力」=「精子力」が落ちてくるということが分かった。

今回は「精子力」をアップさせる方法をいくつか紹介していきます。

ショウリ
精子力上げるぞ!

 

妊活、男性編、普段の生活、食事を見直して、精子力アップする方法を紹介します。
スポンサーリンク

 

普段の生活で気をつけること【精子力アップ】

普段の生活で精子力を妨げることをまとめました。

股間は圧迫しない、温めないというのが基本です。

①タバコがよくない、禁煙する

タバコは夫婦共によくありません。

タバコの有害物質により卵子、精子の質が悪くなり喫煙している夫婦では不妊症が増加します。

妊娠したとしても、流産や子供の病気のリスクが高くなると言います。

リスクの発生率は、タバコの本数と喫煙年数に比例して増加します。

男性が喫煙するとこんな影響が・・・

・精子の数が減り、運動率も低下します。
・たとえ、見た目の数が正常でも、精子の受精能力が低下してしまいます。
・精子の質の低下 → 精子の遺伝子に傷がたくさんついてしまう。傷ついた遺伝子は、赤ちゃんに受け継がれ、流産や死産、胎盤の異常、赤ちゃんの病気などをひき起こすリスクがあります。

引用元:タバコと妊娠

健康な赤ちゃんを産むために、タバコは百害あって一利なし。

妊活するならまず夫婦でタバコをやめましょう。

タバコをやめた話

関連記事

悪魔の煙棒はもう吸わない!私は20歳から35歳の約15年タバコを吸ってました。なんで吸ってたかって?美味しいからです、中毒性があるのでなかなかやめれません、当時の私は「タバコを吸わない人生ってなんだろう?楽しいのかな[…]

 

②トランクスにする

妊活中はトランクスがおすすめ。

ブリーフだと熱がこもりやすいので、風通しの良いトランクスがおすすめです。

人の体温は36℃~37℃ですが、精巣は32~34℃が適温。

熱を上げないようにするために、睾丸はぶらぶらしてるのです。

男性ならわかりますが、夏場はだら~んと垂れ下がり、冬場は縮こまって暖をとろうとします。

このことから精巣にとって温度調整はいかに大事か、というのがわかります。

 

③精巣を温め過ぎない

精巣は熱に弱く、暖め過ぎると精子の生成に悪影響が出ます。

長風呂、サウナ、膝の上でのPCやタブレット作業はなるべく控えましょう。

 

④長時間座り続けない

長時間座り続けると陰嚢が圧迫され血流が悪くなり熱もこもります。

仕事のデスクワーク、長距離運転等で座り続ける場合は1時間に1回は立ち上がり「放熱」を心掛けましょう。

⑤禁欲はしない

排卵日の前日まで禁欲し精子を溜めてこんでから射精した方がいい、なんて思いがちですよね。

これが間違いで、確かに禁欲して溜めこむと精子の量は増えるのですが、死滅精子(非運動精子)が増え質の悪い精子になってしまいます。

精子は男性の体内で3日しか生存できません、古い精子は新しい精子を痛めつけます。

妊活中は常に新しい精子を送り出した方がいいので、マスターベーションでいいので定期的に射精して元気な精子を保つのようにしましょう。

 

⑥妊活中は育毛剤は控える

多くの育毛剤は男性ホルモンを抑える効果があるので、精子の状態を悪化させる可能性があります。

その他にも性欲の減退やED、精子数の減少など妊活の妨げとなる症状が出る可能性があるので妊活中は使わない方が無難です。

 

⑦ストレスを溜めない

ストレスが溜まると、性欲やパートナーとの性行為に悪影響を与えたり、精子の生成にも悪影響を及ぼします。

排卵日前後に性行為を繰り返すことでプレッシャーになったり、なかなか子供ができず不安になったり、ストレスが妊活の妨げになるケースがある。

パートナーとの不仲、喧嘩の原因にもなるので、ストレスは溜めないように心掛けましょう。

関連記事

皆さんストレス溜まってませんか?ストレスは万病の元ですよ。「自分はストレスが無い!」と思っていても、カラダが反応しているのに自覚できてない場合があります。その胃の痛みストレスでは?とか自分の体の不調を自分に問いかけてみてくだ[…]

【男女別】ストレス発散!解消法おすすめランキング10

 

妊活中の男性におすすめの食べ物【精子力アップ】

妊活中の男性が摂るといい、栄養と食材を紹介します。

精子力アップさせる為に毎日の食事の中で取り入れていきましょう。

精子力アップに欠かせない亜鉛

精子の形成に亜鉛は不可欠なので、妊娠しやすい状態を作るためにまずは亜鉛不足にならないように心掛けましょう。

亜鉛の多い食材:牡蠣、豚レバー、ホタテ、タラコ、牛肉、卵黄、納豆など

 

精子の質を向上させるアンチエイジングフード

アンチエイジングフードとは抗酸化作用の高い食べ物で、卵子や精子の質を向上させます。

赤、黄、緑、紫などカラフルな色の食材が多いと覚えておきましょう。

抗酸化作用の高い食材:ナッツ類(アーモンドなど)、かぼちゃ、アボカド、ブロッコリー、パプリカ、しそ、サケ、サンマ、カツオ、玄米など

 

生殖機能の働きをアップ「ビタミンE」

ビタミンEは血流を良くし、生殖機能の働きをアップさせます。

ビタミンEの多い食材:緑黄色野菜、ごまやナッツ類、魚介類(ツナ缶、サバ缶)

 

疲労回復や精力増強「ビタミンB群」

ビタミンB群は疲労回復や精力増強に効果があります。

ビタミンB群が多い食材:豚肉、レバー、ウナギ、緑黄色野菜、玄米、豆類

 

精子の検査はおはやめに

避妊しずに妊活をして、1年経っても子供ができないのは不妊症です。

女性の検査や治療しているのに男性が検査をしてないのはおかしい。

もし男性が原因だったとしたら、その間の時間が全く無駄で歳をとるだけ。

不妊治療は男女の2人の問題、勇気をもって専門医に診てもらいましょう。

どうしても病院に行く時間がないとか、恥ずかしいという方は精液の成分や動きだけでも知ることができるサービスやキットを使い知ることができます。

世界初の精液「成分」郵送検査BuddyCheck

BuddyCheck バディチェック 精液郵送検査

基本項目として「精子濃度、精液量、総精子数」を調べます。(上写真4種類共)

BuddyCheckは4種類あり、基本項目に加え検査項目が変ります、写真左からOx(8-OHdG)精液のサビ付き度合いを調べます、Ts(テストストロン)精液中の男性ホルモンの量を測定します、Cr(クレアチン)精子の持久力に関わる成分を測定します、Pt(プラチナ)8-OHdG、テストステロン、クレアチン、亜鉛、スペルミンの全5項目検査します。

Ptプラチナなら1つで他の3種類の検査を網羅できますそれに加えて亜鉛、スペルミンも測定できるのでおすすめです。

 

まとめ:妊活で男性やるべきこと

妊活で男性がやるべきことを記事にしました。

主に普段の生活で気をつけること、①タバコは吸わない②下着はトランクスにする、③精巣を温め過ぎない④長時間座り続けない⑤禁欲はしない⑥妊活中は育毛剤は控える⑦ストレスを溜めないでした。

精子力アップさせる食事は、亜鉛、抗酸化作用の高い食べ物、ビタミンE、ビタミンB群の栄養が多く含まれている食材を積極的に摂りましょう。

子供が早くほしい!と思ったらまず実践して!精子力アップして挑みましょう!

関連記事

子供が欲しい!だけど、なかなかできない。僕の精子はちゃんとオタマジャクシのように元気に動いているのかな?精子をつくる栄養は摂れているのかな?そんな悩みの男性に精子の生成に良いサプリメントを紹介します。[…]

【妊活】子供が欲しい!男性におすすめのサプリメント
関連記事

ラブラブで結婚、幸せな夫婦生活がはじまる、そんな幸せな生活もつかの間。子供が欲しくて半年経つが子宝に恵まれない!「こんなはずじゃ~なかった避妊しなければすぐできるかと思った」同時期に結婚した同僚からの妊娠報告・・・か[…]

子供ができない夫婦、離婚を考える前にやるべきこと
関連記事

40代になると年を取るのがだんだん嫌になります。40代は働き盛りの歳ですが、色々と悩みが出てくる年頃でもあります。30代までは勢いでやってこれたことも、40代は少し慎重に行動するようになります。今回は40代サラリーマ[…]

スポンサーリンク
【妊活で男性がやるべきこと】生活習慣、食事を見直して精子力アップ
最新情報をチェックしよう!