コロナ禍の「禍(か)」を他の読み方でサクッと変換する方法

  • 2020年12月17日
  • 2020年12月19日
  • 豆知識

コロナ禍(か)という言葉があります。

使いたいけど「か」と変換してもサクッと「禍」が出てこないので他の読み方を入力して変換したい。

似た言葉で

コロナ鍋なべ?違う!

コロナ渦うず?違う!

「禍」「か」以外でなんて読むの?

今回はコロナ禍について解説します。

スポンサーリンク

コロナ禍の「禍」の読み方は?

コロナ禍の「禍」は「か」と読みます、なので「コロナか」が正解です。

他に「わざわい」と読みます、「禍」をパソコンやスマホで入力したい時。

「わざわい」と入力して変換すると出てきます。

PCだと「ころなか」と入力し変換するとわりと出てきますが、これは学習機能かもしれない。

スマホなどでサクッと出す方法は次へ。

コロナ禍の「禍(か)」をサクっと変換する方法

コロナ禍の「禍」を「か」で変換してもなかなか出てこない人はコチラを試してみてね。

サクッと変換する方法2パターン紹介します。

①ころな(変換)わざわい(変換)

②ころなわざわい(変換)

これが最速、これしかないです。

 

コロナ禍の意味は?

コロナ禍の意味はこちら。

「コロナ禍」の「禍」は「か」と読み、「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することばです。「コロナ禍」とは、新型コロナウイルスが招いた災難や危機的状況を指し、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、3月半ば頃から、新聞やネット上で、よく見かけるようになりました。
引用元:NHK文化研究所

コロナ禍をシンプルに訳すと、「コロナウイルスが招いた災難や危機的状況」ということになります。

 

コロナ禍の使い方。

コロナ禍を生きる。

コロナ禍で深刻化する〇〇。

コロナ禍でテレワークが普及した。

など

まとめ

今回は「コロナ禍」の読み方について解説しました。

「コロナか」と読み、「か」が変換しても出てこない時は「わざわい」と入力して変換すれば出てきます。

どこかの議員さんみたいに「コロナ鍋(なべ)」と間違えて恥をかかないようにしていただきたいです。

以上

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コロナ禍の「禍(か)」を他の読み方でサクッと変換する方法
最新情報をチェックしよう!