【評価】THE THOR実際に1年半使ってみた感想メリットデメリット

WordPress(ワードプレス)の有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」ってどうなの?

私が実際に1年半使った感想と評価をお伝えします。

1年半前の私はブログ初心者です、こちらの「ショウリブログ」の古い記事を見て頂ければわかるかと思います(恥)

そんな私がなぜこの有料テーマ「ザ・トール」を選んだのか?

何と迷って「ザ・トール」に決めたのか?

初心者にもおすすめできるのか?

1年半使った正直な感想と評価をお伝えします。

抜群に上位表示されやすい WP テーマ 【ザ・トール】

ショウリ
こちら「ショウリブログ」はTHE THORを使ってます
最近使ってる人増えたね
ママ
増えた感じあるね~
1年半前は使い方調べてもあまり出てこなかったけど今多くなったね
・WordPressの有料テーマTHE THORを実際に使った感想と評価
・THE THORのメリット、デメリット
・THE THORの導入手順、インストールのやり方
・THE THORの使い方困った時見るマニュアルの場所

THE THOR ザ・トール おすすめワードプレステーマ

スポンサーリンク

THE THOR(ザ・トール)実際使った正直な感想と評価

WordPress(ワードプレス)の有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」を選んだ理由を先にお伝えします。

THE THOR(ザ・トール)を選んだ理由

有料テーマ「THE THOR」を選んだ理由は簡単にオシャレなブログが作れるから。

最初は無料のテーマを使ってましたがシンプル過ぎて地味なイメージ、一言でいうとダサかった。

他の人のブログを見てもみんなオシャレに見えて羨ましかった。

HTMLやCSSの知識もなく困っていました。

そこで有料テーマを導入することでガラっとオシャレなブログやサイトが作れる事を知りどんなものがあるかいろいろ調べました。

記事を量産して途中からテーマを変えるとデザインが崩れたりして修正に時間がかかってしまいます。

ということで初心者は早めに有料テーマにした方がいいかと思い探しました。

当時オシャレなテーマで探してみると、「THE THOR」、「JIN」、「SANGO」、「Stork」、「DIVER」

など沢山あって迷ってました。

比較サイトなどで念入りに調べた結果最終的に「THE THOR」と「JIN」の2択になりました。

「THE THOR」を選んだ決定打は、「JIN」のデメリットです。

「JIN」のデメリット
①AMP化機能ない・・・モバイルページを高速で表示させる機能がない
②ページ表示速度が遅い・・・遅いといわれていて数字にも出てます
③使用者が多いのでデザインがかぶる・・・人と差別化できない

「THE THOR」はAMPに対応してます、ページ表示速度も速い、使用者はJINと比べると少なく他の人とかぶりにくい。
今となっては使用者が多い少ないはどちらでもいいかもしれない、ブログ始めた当初は気にしてたみたい(笑)

「THE THOR」を1年半使った正直な感想と評価

まず私は「THE THOR」以外の有料テーマを使ったことがないので比べることはできません。

なので直感的な感想になります、一言で言うと。

最初から「THE THOR」導入しておいて良かった!

9つの着せ替え機能でオシャレなブログ・サイトが一瞬でできる(ザ・トール)

初心者は最初からデザインをいじるのに時間がかかり過ぎてはダメ、記事を書くことに専念しましょうと良く聞きます。

確かに・・・

しかし、シンプル過ぎるのもなんか寂しく少しでもオシャレにできないかつい調べてちゃいますね。

時間が勿体ない!

「THE THOR」なら9つのスタイルの着せ替えがあり、一瞬でオシャレなブログサイトが出来上がります。

どれもかっこいいので迷いますが、カスタマイズは着せ替え後でもできます。

最初に9つのスタイルからお好みを選んで自分のサイトに反映させる👇

THE THOR ザ・トール デモサイト一覧 着せ替え

 

表示速度とSEOも強い!(ザ・トール)

表示速度は直感的に早いと思います、サクサク切り替わるイメージ。

GoogleのPagespeed Insightsで計測できます。色々凝りだすとやはり遅くなります。

SEOにも強く、初心者の私でも検索上位に表示する記事がいくつかあります、検索して1ページ目にバーンと出てきた時の気持ちよさ、嬉しさはまさにブログやってる人の醍醐味じゃないでしょうか。

残念と思った点は

カスタマイズのメニューが多すぎて設定を変えたい時どこでやればいいのか?で迷いました。

あといまいちわからない設定とかが多く初心者は迷うかもしれません。

初心者にもわかる説明書きがしてあると良いかと思いました。

今でも「コレどこで設定するんだったっけ?」と迷います(笑)

総合評価として「THE THOR」を初期投資して始めておいて良かったと思います。

ではここで「THE THOR」のデメリット、残念だと思った点を2つ紹介します。

 

THE THOR(ザ・トール)のデメリット2つ(残念な点)

実際使ってみてわかったデメリットを2つ紹介します。

ザ・トールのデメリット2つ
1.管理画面のカスタマイズメニューの配置を覚えるのが大変
2.説明が無いとわからない操作がある

 

1.管理画面【カスタマイズ】のメニューを覚えるのが大変。

「THE THOR」が高機能だけにメニューが沢山あるのはしょうがないですね。

しかしメニューが多すぎるのでどこで設定すればいいのかがわからない!という問題が勃発します。

探すのに30分もかかった!なんて事がありました。

初心者は足止めをくらった感じで時間が過ぎていき焦ります。

今は「THE THOR」の〇〇の設定と検索すれば出てきますね。

ショウリ
1年半前より確実にTHE THORの操作を教えてくれるブログ増えた気がします。ありがたい「ショウリブログ」もよろしくお願いします。

「THE THOR」導入したら最初にカスタマイズのメニューがどんなものがあるか順番に見ていき、わからない用語が出てきたらGoogleで調べて覚えていくのもいいかもしれません。

1年半も使ってると大体覚えてきますので大丈夫です、迷ったらGoogle検索で調べる!

Googleで検索ヒットしなかったらマニュアルサイトを調べる。

WordPressの管理画面「ダッシュボード」画面の下の方にありますので「マニュアルサイト」で調べましょう。

THE THOR ザ・トール マニュアル 会員フォーラムへのリンク

 

2.説明がないとわからない操作がある

なかなか文章だけでは難しいので。

例えば

あああ

このボックスですが、大きいボックス内(あああの部分)はカーソルをクリックで普通に入力できます。

しかし

上の小さな赤い部分に題名を書く所(サブタイトル)はカーソルをクリックしても入力できません。

「なんでっ?」てかんじですよね。

直感的に入力操作できなくてとても不便でした。

サブタイトルの入れ方はコチラの記事に詳しく書いてます👇

関連記事

今回はTHE THOR(ザ・トール)のボックスの使い方と、設定のやり方、作り方について解説します。私が使用しているTHE THOR(ザ・トール)なんですが、デフォルトのパーツでも十分使えるのですが、やはりそれだと同じテーマの人と差別[…]

THE THOR(ザ・トール)ボックスの使い方作り方設定のやり方

他にもアイコンの挿入もアイコン選んでポチっとするだけかと思いきや、アイコンオプションでアイコンのコードコピーしてから「アイコン挿入」をクリックして「アイコン入力」と窓が出るので、そこにペーストしてOKすると出る。

ややこしいです、説明がないとわからないと思います。

←このように出ますが文章の途中とかに設置できないみたいです。

(HTMLを弄れる人なら簡単に出来そうですね。)

デメリットの2つとも一度覚えて慣れれば普通に使えるようになるので大きな問題ではないです。

以上デメリットでした。

次はメリットを紹介していきます。

THE THOR(ザ・トール)のメリット(良い点)

WordPress(ワードプレス)の有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」のメリットを紹介します。

ザ・トールのメリット3つ
①おしゃれに作れる・・・美しく・おしゃれで・洗練されたデザイナーズサイトが簡単に作れる
②SEOに強い・・・圧倒的にSEOに強く抜群に上位表示されやすい
③機能にすぐれている・・・便利な機能を沢山標準装備している

1つずつ深堀して説明していきます。

おしゃれなブログサイトが作れる【ザ・トールのメリット①】

おしゃれなブログサイトが簡単につくれる。

ただでさえ操作の難しいWordPressを自分の手でおしゃれにするのは過酷な問題です。

初心者が一般的なWordPressテーマで、デザインの初期設定するだけで数時間~数日掛かってしまいます。

それがザ・トールの「デザイン着せ替え機能」を使えば一瞬で終わります。

ポチっとワンクリックでプロのデザイナーが制作したデザイナーズサイトが完成。

テーマ購入後、直ぐにサイトの運営をスタートできます。

マーカー、ラベル、ボタン、ボックス、吹き出し、などのパーツも豊富にあるので便利です。

デザインで迷う時間が無くなるのでイライラしずストレスが無くなります。

そしてなによりも時間も節約できます。

これが有料テーマの醍醐味NO.1ともいえます「ストレスが無くなる&時間が節約できる」

 

SEOに強い【ザ・トールのメリット②】

革命的な高速表示技術、最先端のSEO機能を搭載しているため、SEO対策のプラグインも不要です。

ザ・トールがSEOが強い理由が公式サイトに載ってます。

THE THOR ・トール SEOに強く抜群に上位表示されやすい 

出典:THE THOR公式サイト

実際使ってみるとわかりますが初心者で始めた私の記事もGoogle検索で上位表示されています。

ザ・トールはページの読み込みが早い!早いとGoogleの評価が上がるのでSEOに強いと言えるでしょう。

機能にすぐれている【ザ・トールのメリット②】

ザ・トールは、一度購入すれば、バージョンアップ・機能追加・機能改善などすべて無料で受けられます。

ザ・トールは多機能です、「AMP・PWA」「Gzip 圧縮・ブラウザキャッシュ」「画像遅延読み込み・CSS非同期読み込み」など、高速表示を実現する最新かつ革新的な技術を多数装備。

GoogleとTwitterが共同で開発しているモバイル端末でWEBサイトを高速表示させる技術「AMP」を装備。

記事ごとにtitleタグとh1タグを別に設定できるため、検索結果に表示されるタイトルと実際の記事タイトルの表記を別に設定できる。

カテゴリー・タグページでも個別にtitle・meta descriptionの設定が可能。

標準装備でかなりの機能が使えます、多くのプラグインは不要となります。

プラグインを多く入れるとどうしても読み込み動作が遅くなるので、プラグイン不要のザ・トールは動作も早くSEOに強いと言えます。

有名なプラグインの「All in One SEO Pack」はザ・トールの機能とかぶるので不要になります。

 

WordPress(ワードプレス)にTHE THORを導入する手順

WordPress(ワードプレス)の有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」を導入する手順を解説します。

「デザイン・SEO・機能」がすべて揃ったテーマということがわかったので、導入してみようかなという方はこちらから。

ザ・トールを導入する手順
①ザ・トールを購入する
②ザ・トールをダウンロードする
③テーマをインストールして有効化する

では①から順番に操作していきましょう。

手順①ザ・トールを購入する

まず公式サイトに移動します「THE THOR(ザ・トール)公式サイト」のボタンクリック。

赤枠のボタン、「テーマをダウンロード」をクリックする。

THE THOR ザ・トール テーマをダウンロード 購入画面

 

画面が移動し購入画面となります。

THE THOR ザ・トール テーマを購入する購入画面

プランが2つ出てきます、ワードプレスを既に始めているのならば左側のプランでOK

「テーマを購入する」をクリック。

THE THOR ザ・トール テーマを購入する購入画面インフォトップ決済システム

そして画面が変わり上記の画面になったら、青色のボタン「初めてインフォトップをご利用の方はこちら」をクリック。

そのまま会員登録手続きを済ませて、テーマを購入すれば手順①は完了です。

手順②ザ・トールをダウンロードする

テーマの購入が完了したら、登録したメールアドレスメールが届きます!

そのメールにある、「購入者マイページ」のURLをクリック。

(私の登録時のメールは現在と内容が異なる為画像無しの説明となります。)

そしてifotopのページにログインして、「ご注文履歴ダウンロード」というメニューをクリック。

THE THORの項目の「ダウンロード」をクリックすれば、自動でダウンロードがスタートします。

ダウンロードが完了したらパソコンのデスクトップなど、分かりやすい場所にトールのテーマファイル「親テーマ・子テーマ」を置いておくと、インストール作業がスムースに進んで良いでしょう。

THE THOR ザ・トール 親テーマ 子テーマ zipファイル準備

注意
圧縮ファイルでないと正しくインストールできません!
ダウンロードした圧縮ファイル(拡張子が.zipの状態)を解凍しないよう注意してください!

 

準備ができたら手順③に移動します。

 

手順③テーマをインストールして有効化する

ワードプレスにログインします。

テーマのインストール前に、メーカーが推奨していること
①バックアップを取っておく
②使用中のプラグインをすべて一旦停止してからインストールを行う

ワードプレス「外観」➡「テーマ」クリック。

「新規追加」をクリック。

THE THOR ザ・トール インストール アップデート 1

次に「テーマのアップロード」クリック。

THE THOR ザ・トール インストール アップデート 2

「テーマのアップロード」をクリックすると、テーマを読み込むための画面に移りますので「ファイルを選択」をクリックしてください。

事前にPCのデスクトップなど分かりやすい場所に準備しておいたトールのテーマファイル「the-thor.zip」親テーマを「選択」→「今すぐインストール」をクリックします。

THE THOR ザ・トール 親テーマ 子テーマ zipファイル準備

ファイル名「the-thor.zip」が親テーマ、「the-thor child.zip」が子テーマです。

注意
先に親テーマをインストールしてください、その後子テーマをインストールしていきます、順番は守って下さい。
仮に子テーマを先にインストールするとエラーが出ます。

インストールが完了したら「有効化」をクリックしてテーマのインストールは完了です。

注意
有効化するのは「子テーマ」の方だけです「親テーマ」は有効化しません!

 

THE THORの使い方、設定方法がわからない時は?

インストールが無事おわり、早速使ってみると操作や設定がわからないことが出てくると思います。

悩む 男性
使い方がわからない時どうすればいいのかな?
マニュアルってあるのかな?
ショウリ
マニュアルはちゃんとありますよ!どこにあるか説明します。

THE THORのマニュアル・会員フォーラムサイト

ワードプレスの管理画面「ダッシュボード」の下の方にスクロールしていくと出てきます。

タイミング的にはテーマを有効化すると「会員フォーラムへのリンク」と、「閲覧用パスワード」が表示されます。

THE THOR ザ・トール 会員フォーラム マニュアルサイト

・操作や設定がわからない時は赤枠の「マニュアルサイト」を見てください。

・インストール後のトラブルや要望、バグの報告などはピンク枠「会員フォーラム」にお問合せして下さい。

 

THE THOR(ザ・トール)感想・評価のまとめ

今回はWordPress(ワードプレス)の有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」を1年半使った感想評価について解説していきました。

初心者にはワードプレス自体が難しいから、最初から有料テーマを使った方がデザインに迷いがなくなるのでストレスがないのと時短になるので導入しておいて良かったと思いました、ほんとに助かりました。

次にメリットデメリットを解説しました。

デメリットは?

ザ・トールのデメリット2つ
1.管理画面のカスタマイズメニューの配置を覚えるのが大変
2.説明が無いとわからない操作がある

メリットは?

ザ・トールのメリット3つ
①おしゃれに作れる・・・美しく・おしゃれで・洗練されたデザイナーズサイトが簡単に作れる
②SEOに強い・・・圧倒的にSEOに強く抜群に上位表示されやすい
③機能にすぐれている・・・便利な機能を沢山標準装備している

デメリットに関して、初心者はメニューの多さに圧倒されますが、少しずつ理解していけば良いかと思います。

操作になれてしまえば2つ共大きな問題ではないのです。

メリットは3つ「デザイン・SEO・機能」この3拍子揃ったテーマも珍しく他のテーマではどれかが欠けている気がします。

ザ・トールはこんな人向け
・Google、Yahoo!で上位表示させたい
・デザイン性に優れた美しくおしゃれなサイトを作りたい
・簡単にサイトを作成したい・サイト運営を楽にしたい

購入後も「無料・無期限・無制限」安心のサポート&アフターフォロー体制で安心ですね。

複数のサイトにも使えるのでコスパ最高のテーマだと思います。

以上

関連記事

ブログをやっていると記事が増えていきます。ネット検索で上位表示される記事、されない記事それぞれあるかと思います。後者のされない記事を上位表示させる為にリライト(記事を修正)をする必要があります。リライトをするタイミン[…]

ブログ記事のリライトするタイミングとコツ、注意点を解説します
関連記事

ショウリブログ100記事達成しました!パチパチ!ブログの初心者の登竜門「ブログ100記事書け」という言葉があります。2019年の6月に立ち上げたこのブログ「ショウリブログ」約1年と1ヶ月で100記事です。ざっくり計算[…]

ブログ初心者が100記事書いた感想と変化【収益・PV発表】
関連記事

今回は副業で「ブログをやってみよう!」と思った人が最初に見るページとなっております。私もブログ始める前は「ブログってなに?日記でしょ?そんなに世に発信する事なんてないけど?何を書いたらいいの?」という感じでした。今ではこうや[…]

【副業】ブログで稼ぐ方法とは?初心者は最初に何をやればいいか?
関連記事

今回はワードプレスの有料テーマTHE THOR(ザ・トール)で、Googleアドセンス広告貼る方法をいくつか紹介していきます。ワードプレス初心者だと「どこに?どうやって?」と迷うと思います。私もさっぱりわかりませんでした。[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!