THE THOR(ザ・トール)のアドセンスコード、広告の張り方

THE THOR(ザ・トール)のアドセンスコード、広告の張り方

今回はTHE THOR(ザ・トール)でアドセンスコード(広告)貼る方法を解説します。

「Googleアドセンス」広告をブログサイトに入れる際アドセンスコードを貼っていきます、どこに?どうやって?と迷ったら参考にしてみてください。

THE THOR(ザ・トール)では簡単に設置できますので焦らず順番に試していきましょう。

Google(グーグル)アドセンスの自動広告コード貼る

Googleアドセンスの「自動広告」の設定方法を解説します。

Googleアドセンスの自動広告とは、コードを貼って自動広告をONにするだけで、Googleアドセンス側がブログ内に自動的に広告を配置して表示させてくれるワンタッチ表示できる広告となります。

自動広告のメリットは手軽で簡単です、逆にデミリットは自分の思い通りに表示されない事「え?こんなところに広告表示されちゃった」となる事です。

アドセンス広告のどこに設定すればよいかまだわからない時は、とりあえずこの「自動広告」を使いましょう。

①Googleアドセンスの管理画面→広告(サマリー)→サイトごとから自動広告コードを取得します。

赤い矢印「コードを取得」をクリックしてコードを表示させコードをコピーする。

(参考までに下の矢印で自動広告の設定ができます。)

 

ザ・トール 自動広告設定1

②WordPressのダッシュボード→「外観」→「カスタマイズ」→「基本設定[THE]」をクリック。

「高度な設定」の「</head>直上の自由入力エリア」に先程取得した自動広告コードを貼りつける。

③「公開」ボタンをクリックして完了。

ザ・トール アドセンス 自動広告コードのはりつけ場所2

 

広告が表示されるまで時間がかかります、気長に待ちましょう。

 

しんくん
シン
「自動広告」で設定すると、便利なのですが思わぬ所に広告が挿入してしまい記事が崩れる場合があります、やはり自分で好きな位置で広告を設置した方が良いです。

では続いて自分の好きな場所に広告を表示させる方法を解説いたします。

Googleアドセンス広告コード貼る4つの方法

Googleアドセンスの広告コードを入れる所を説明します。

今回は初心者向け簡単で分かり易い方法だけ紹介します。

1.テキストモードにして記事に直接コードを貼る。
2.ビジュアルモードにして〈〉「HTMLを挿入する」を使い貼る。
3.カスタマイズの広告設定に貼る。
4.ウィジェットで設定して貼る。

1.テキストモードにして記事に直接コードを貼る

これは記事を完成させた後に好きな場所にアドセンス広告を挿入できます。
基本的な使い方なので載せておきます。
私はこの方法は使いませが、知っておくだけでOKです。
記事ごとに広告コードを貼り付けるが面倒な方は3.カスタマイズの広告設定に貼るを見て下さい。
〇テキストモードにして、本文と本文の間にアドセンス広告コード(赤枠)を貼りつける▼。
ザトール広告の張り方HTMLをテキストモードで貼る

貼り付けてビジュアルモードにすると▼このような再生マークが表示される。

ザトールでアドセンス広告コードをテキストモードで貼る2

表示されるのに時間がかかりますので気長に待ちましょう。

2.ビジュアルモードにして〈〉「HTMLを挿入する」を使い貼る

前項目ではテキストモードにしてアドセンス広告コードを貼りつけました。

次はビジュアルモードの状態で簡単に貼れるやり方を説明します。

アドセンスコード(広告)を載せたい段落にカーソルをおいて。

ビジュアルモードのこのメニューの〈〉マーク(赤矢印)をクリック。

アドセンスコードHTMLを挿入する1

するとこのような画面が開くので、HTMLタグを直接入力の部分にカーソルを合わせて、グーグルのアドセンスコードを貼りつけましょう。

貼り付けたらOK押します。

アドセンスコード記事HTMLを挿入する2

すると画面がこの再生マーク「▶」のようになる。

HTMLを挿入する3

これをプレビューで見ると広告が表示される。

記事を公開してから広告が表示されるまでに時間がかかる。

3.カスタマイズの「広告設定」に貼る

カスタマイズの中に広告設定がありますのでそこに貼る。

この方法が一番、正式で簡単&おすすめかと思います。

ザ・トールはここにアドセンスコード貼ってくださいよ~という感じで準備されてますので、これを使いましょう!

先程までと違い1度設定しておけば反映されるので便利です。

アーカイブ用広告設定

アーカイブ用広告とは自分のブログの「ホーム画面」で表示される広告で、自分のブログが並んでいてその何番目かにブログに溶け込んで広告を入れるというもの。(参考下画像赤い矢印)

ザ・トール アーカイブ 広告設定

①外観→カスタマイズ→広告設定〔THE〕をクリック

ザ・トール広告設定

②アーカイブ用広告設定をクリック。

自分のブログのレイアウトがワイドレイアウト、カードレイアウト、ノーマルレイアウトのどれになっているか?

画面を見れば大体わかりますが、サムネイル(ブログのアイキャッチと説明)が横長ならノーマル、横長で大きかったらワイド、細かいく2列だとカードのレイアウトかと思います。

ノーマルレイアウトなのにカードレイアウトに貼っても反映されません、なので自分のレイアウト所だけ貼ります。

レイアウト画面を見ながら貼っていきます、広告の部分は反映されると白く空白になります。

ここに貼るアドセンスの広告の種類は「インフィード広告」。

↓PC版は別ウインドウでGoogleアドセンスを出して、広告→広告ユニットごと→インフィード広告の▼Desktopで自分のブログURL貼ってスキャンしてコードを作りそれを貼ります。

下画像注意:全部に貼っても意味ありません、自分のレイアウトの所のみ貼る。

ザ・トール アーカイブ 広告設定 インフィード広告

③次はスマホ版、別ウインドウでGoogleアドセンスを出して、広告→広告ユニットごと→インフィード広告の▼Desktopで自分のブログURL貼ってスキャンしてコードを作りそれを貼ります。

下画像注意:全部に貼っても意味ありません、自分のレイアウトの所のみ貼る。

ザ・トール アーカイブ 広告設定 インフィード広告2

④何番目に広告をいれるか?2ページ目以降にも広告入れる?を決める

■1つめの広告を何番目に表示するか指定

■2つめの広告を何番目に表示するか指定

を指定してください、これもレイアウト見ながらクリックしてもらえそうな箇所に挿入しましょう。

□1ページ目のみに広告を表示するは、チェックを外しました、(2ページ目も広告表示したいから)

⑤「公開」をクリック、これで反映されます。

個別ページ用広告設定「adcode」と入力して記事の好きな場所に広告を設置する方法

先程のアーカイブとは別の選択肢の個別ページ用の広告設定をします。

これはブログの記事の中に設定する広告の事です。

①外観→カスタマイズ→広告設定〔THE〕→個別ページ用広告設定をクリック

記事内に表示させるアドセンス広告を設定します。

アドセンスコードを貼りつけた後、投稿編集画面で「adcode」と入力するだけで広告が挿入されます。

上記「 」は、半角[ ]にしてください、私がここの説明でadcodeを[ ]カッコの中に入れるてそのまま使うと広告表示されてしまうので、このような説明となります、簡単に記事内に入れる方法は手順⑤を見て下さい。

②アドセンスのコードを貼る。

ザ・トール アーカイブ 広告設定 個別ページ用広告

③チェックを入れる、外す、広告表示の文言変える変えない?を設定

記事内の好きな所で使いたいのでhタグの手前に表示はチェック外しました。(お好みでどうぞ。)

背景スタイルは無効にしてます。(チェックを外すと広告部分の背景が灰色になる。)

広告の表記は「スポンサーリンク」に変えてもOKですが、あえて変えません。

④設定終わったら忘れる前に「公開」を押す。

⑤因みにここで設定し「adcode」と入力してもいいのですが。

ワンタッチで入れる方法は下画像、投稿編集画面のショートコード→記事内広告をクリックすると表示されます。

これを使った方が便利です。

 

記事下ダブルレクタングル広告の設定

記事下ダブルレクタングルというのは記事の下に正方形のアドセンス広告を左右に2こ並べる事です。

右の広告はスマホには表示されません、PC専用の広告となります。

参考画像↓広告内容は消しておきます。

ザ・トール アドセンス広告 記事下ダブルレクタングル広告2

 

①外観→カスタマイズ→広告設定〔THE〕→個別ページ用広告設定をクリック

記事下用ダブルレクタングル広告の、それぞれ左、右共にアドセンス広告タグを貼っていきます。

ここでのアドセンス広告の種類は正方形2個なのでディスプレイ広告のスクエアでいいかと思います。

ザ・トール アドセンス広告 記事下ダブルレクタングル広告

②背景スタイルは無効にしたいのでチェックを入れる。

③広告の表示を変更する場合は入力してください。

(そのまま「広告」でいいかと思います。)

④設定終わったら忘れる前に「公開」を押す。

4.ウィジェットで設定して貼る

ウィジェットで広告を貼る方法です。

THE THOR(ザ・トール)には広告ウィジェットがあるのでこれを使って好きな場所に広告を設置しましょう。

この方法も正式で簡単&おすすめかと思います。

①WordPressのダッシュボード→「外観」→「ウィジェット」をクリックします。

②左側にある「利用できるウィジェット」の中の「[THE]広告」▼をクリックします。

③広告を挿入したい場所を選び「ウィジェット追加」をクリックします。

 

アドセンス広告をウィジェットで貼り付け

 

④今回は投稿ページ上部エリアにしました、広告タグ:の所にアドセンス広告コードを貼ります。

タイトルは「広告」「スポンサーリンク」にしましょう。

背景スタイルは無効にチェックしました、チェック外すと広告の部分の背景に灰色になります。お好みでどうぞ。

 

アドセンス広告をウィジェットで貼り付け2

⑤完了を押して設定完了。

下画像の様に表示されました。

基本背景が白なので背景無しの方が記事に溶け込んで個人的には好きです。

因みにこの広告は上部の広い部分なのでディスプレイ広告の横長タイプで作成しています。

色々ためしてみてください。

 

 

ザ・トール アドセンス広告をウィジェットで貼り付け3

 

今回紹介しているWPテーマ【ザ・トール】おすすめです。

圧倒的にSEOに強いWPテーマ【ザ・トール】


まとめ

ワードプレス有料テーマ、THE THOR(ザ・トール)のGoogleアドセンス広告コードの張り方について今回説明しました。

初心者は「どうやって?」を調べるのにとにかく時間がかかってしまいます。

その時間をなるべく短縮できるように私は記事にまとめております。

また他の「どうやって?」についてもどんどん解決して記事にしていきますのでよろしくお願いします。

以上

THE THOR(ザ・トール)のアドセンスコード、広告の張り方
最新情報をチェックしよう!
広告